スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アメリカ南部伝統のパウンドケーキ@Amy's Bakeshop

 

西荻窪にある、アメリカの焼き菓子のお店「Amy's Bakeshop(エイミーズ ベイクショップ)」。

 

嬉しいことに「ハミングバードケーキ」をいただいてしまった!

 

アメリカ南部伝統のお菓子だそうで、生地にはバナナ、ナッツ、シナモンがたっぷり。洋酒も入っているのかな?
上のアイシングにもシナモンがきいている。
半生の焼き菓子のようにしっとりとしていて、絶品・・!

 

好みすぎて驚いた。

レシピを知りたくて検索してみたところ、レシピ本が販売していた。

買ってみようか。

 

パウンドケーキは他にも種類があり、またスコーンやマフィンもあるそう。

 

今回はいただきものだったので、お店に足を運んでみたい。
2018年は、今さらだけど、焼き菓子店めぐりもいいな。


Amy's Bakeshop

http://amysbakeshop.com/

エイミーズ ベイクショップ洋菓子(その他) / 西荻窪駅
昼総合点★★★★ 4.0

築地のベーカリーが森下にも@オリミネベーカーズ 新大橋店

 

築地が本店の「オリミネベーカーズ」が、なんと森下にもあったとは。

 

東京の東側にいいパン屋さんがないと思っていたけれど、実はありましたね。

築地まで行かなくても買える嬉しさったら!

 

森下にある新大橋店は、本店と同様のグリーンとロゴが印象的な外観。

店内はちょっと小さめで、工房がバッチリ見える。

 

 

バゲットなどプレーンなハード系は売り切れで、レーズン入りのカレンズ、いちぢく、お気に入りの大納言入りを購入。

 

もちろん、どれもしっかり美味しく、食後のデザート代わりにスライスしていただく。

 

そうそう、新大橋店には、本店では売り切れ御免!な食パンが売っている。

食パンはあまり食べないので、自分は買わないのだけれど、比較的にいつでもあるようなので、食パン目当ての方は新大橋店に行ってみるとよさそうだ。

 

 

オリミネベーカーズ 新大橋店

http://oriminebakers.com/

オリミネベーカーズ 新大橋店パン / 森下駅浜町駅両国駅
昼総合点★★★★ 4.0

石臼惹きの全粒粉が香ばしい、岐阜の絶品どら焼き@ツバメヤ

 

岐阜にある「ツバメヤ」の「大地のどらやき」をいただく。

 

平成22年創業の新参者。

東京に出店をしていないため、買ったことも見たことも、存在も知らなかった。

でも、とてもステキな内装のお店で、また味もいいとのこと。

紙袋とツバメのマークも可愛らしい。

 

 

有名なぷるんぷるんのわらびもちよりも入手困難らしい、このどら焼き。

石臼挽き全粒粉100%に粗糖を使用と珍しく、久々に心ときめく。

 

食べてみると、生地は香ばしくなめらかな甘みで、黒糖を使ったコクとはまた違う独特感。

しっとりとした皮の間には、粗糖で炊いたという粒あんがたっぷり。

 

うさぎやに勝るとも劣らない、ツバメヤのどら焼き。

岐阜に行くことがあったら、うん、立ち寄ろう。

 

 

ツバメヤ

http://tsubame-ya.jp/

冬の始まりに食べたくなる、あわぜんざい@浅草 梅園

 

気がつけば、年1回は浅草に行っている。

かっぱ橋の道具祭りのついでだったり、仕事ついでだったり、なんとなく一人でふらりと訪れたり。

毎回、理由は違うのだけど、気持ちがシャンとするのと、落ち着くので好きな場所だ。

 

のんびり食べれるお店が減っている中、穴場は、言わずと知れた「梅園」。

 

どれも間違いなく美味しいけれど、インスタ映えしない(苦笑)のと百貨店でみかけるため、残念ながら客足は減っているのではないか・・?

 

 

人生であわぜんざいを初めて食べたのが、同店だった。

 

こちらでは、粟ではなく餅きびを使っている。

どっしりと重く、プチプチの食感の中になめらかさと、ほんのりとした渋みがあり、それが甘くまろやかなこしあんと、よく合うこと。

 

おしるこも美味しいのだけど、あわぜんざいが断然好きだ。

 

梅園のあわぜんざいは、初めての衝撃と、思いでが詰まっていて、毎年冬に食べたくなる一品。

 

 

 

浅草 梅園

http://www.asakusa-umezono.co.jp/

梅園 浅草本店甘味処 / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

立川談志が愛したという銀座の中華料理店@東生園

 

同僚とひさびさの会社付近ランチ。

上司が美味しいと言っていた、中華料理店「東生園」へ。

立川談志が出前をとっていて、中でも餃子が気に入っていたとか。

 

ランチに残念ながら餃子はないので、がっつり麺と炒飯のセットで、麻辣麺と黒酢醤油炒飯に。

 

これが大正解!

 

麻辣麺は、スープが澄んでいてすっきりとした味わい。

麺は中太、もやしはシャキシャキ。

シンプルなのに、洗練された味わいで、レベルの高さを感じる。

 

また黒酢醤油炒飯は、パラパラでもっちもちのお米と、黒酢醤油のコクが絶妙。

さすがに女性の私には量が多かったけれど、もちろん、完食。

久々に注文してよかった!と思うランチ。

 

外観からは想像がつかない、淀みのない中華。

これで銀座で850円だもの、コスパも申し分ない。

 

もっと早く訪れるべきだったな。

ここはまた来たい。

 

 

 

東生園中華料理 / 銀座駅日比谷駅有楽町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9